冨田実アイクリニック銀座

お問い合わせ受付時間 9:30〜19:00

メニュー

レーシック手術後のドライアイについて

レーシックで視力回復を検討されている方の中には、手術後のドライアイ症状を心配されている方もいると思います。レーシックは、手術時間が数分と短く、翌日から視力が回復するため日本でも20年以上前から行われています。最近では、ICLというレンズを使用した視力回復手術も普及してきましたが、術後にドライアイ症状が起こりにくいというメリットがレーシックと比較されています。ここでは、レーシック後のドライアイ症状について紹介していきます。

  • (目次)
    ・ドライアイ症状について
    ・レーシック後のドライアイ症状について
    ・ドライアイの原因
    ・レーシック後のケアについて
    ・ドライアイの専門外来について
    ・まとめ

ドライアイ症状について

はじめに、ドライアイ症状について簡単に説明いたします。当院にもドライアイで来院される方は大勢いらっしゃいます。ドライアイの症状にも軽度なものから重度なものまでありますが、一般的には「目の乾き」「目の異物感」「目がゴロゴロする」といった症状を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
実際のドライアイ症状には「涙の量」と「涙の質」が大きく関係しています。涙は、目を潤す働き以外にも異物の侵入を防いだり、侵入してきた異物を洗い流す働きがあります。
この涙の量が減少するとドライアイの症状を引き起こします。また、涙は油層、涙液層、ムチン層の3つの層で構成されていますが、このバランスが崩れると質が低下してドライアイ症状を引き起こします。

・油層・・・まぶたの裏にあるマイボーム腺から分泌される油分で涙の蒸発を防ぎます。
・涙液層・・・別名で水層ともよばれ目に潤いと栄養を行き渡らせる働きがあります。
・ムチン層・・・粘着性があり涙を目に留まらせる働きがあります。

  • ドライアイの症状
  • ドライアイの症状

ドライアイの原因

ドライアイの原因

コンタクトレンズを使用している方の多くはドライアイを経験されていると思いますが、日本はドライアイになりやすい生活環境に囲まれているので、ドライアイ患者の数は増加傾向にあります。ドライアイは老化によっても発症しますが、最近では環境的要因が関係するドライアイ症状が増加傾向にあります。主に、エアコンによる室内の乾燥、パソコンやスマホなどを長時間見続けることによる瞬きの減少などがあげられますが、スマホやパソコンの画面に集中すると、瞬きの数が減少して涙の分泌が低下します。また、涙を蒸発から防ぐ油分の分泌量も減ってしまうので、涙の質が悪くなって涙が蒸発しやすくなります。また、アイメイクや薬の副作用、結膜炎などもドライアイの原因になるので注意が必要です。
日本のドライアイ患者は、2,200万人と推定されていますのが、重症化すると角膜に傷がついて細菌が入り込むこともあるので軽視は禁物です。

レーシック後のドライアイ症状について

コンタクトレンズを使用しているとドライアイになりやすいと耳にすることがよくあると思いますが、レーシック手術後にも一時的なドライアイ症状が起こる場合があります。レーシック手術後のドライアイは、フラップを作成することによって角膜の知覚神経が一時的に遮断されることが原因になります。知覚神経の回復とともにドライアイの症状も落ち着いてきますので、一般的なドライアイとは原因が異なることを知っておいていただければと思います。ただ、レーシック手術は視力の改善が目的になりますので、ドライアイを治療する手術ではありません。手術の前からドライアイ症状をお持ちの方は、レーシック後もドライアイの治療が必要な場合もあります。

レーシック後のケアについて

ドライアイの原因

レーシック後のドライアイ症状は一時的なものが一般的です。手術後は、ドライアイ症状を緩和する点眼薬を処方しますので、「ドライアイかな」と感じたら点眼薬をご使用ください。
また、手術直後は目がデリケートな状態なので、目を酷使することなく休めてあげることも必要です。視力が回復したからといってスマホやパソコンなどを見すぎるとドライアイの原因にもなりますので、回復した視力は大切にしてください。

ドライアイの専門外来について

一般的なドライアイの治療は専門外来で対応しています。涙の蒸発を防ぐ油分の分泌をしているマイボーム腺の状態を立体的に観察できる検査機器や、マイボーム腺の詰まりを解消するクリーンナップなども行っております。ドライアイが原因で角膜の状態が悪い場合は、レーシック手術が受けられないこともありますので、手術の前にドライアイをケアすることも大切です。

まとめ

レーシック手術後のドライアイ症状は、ほとんどの場合は時間の経過とともに改善していきますので過度な心配はいりません。それよりも、せっかく回復した視力を大切にしていただき、パソコン作業中などは定期的に目を休める時間を作ってあげてください。
コンタクトレンズから解放されることで、レンズが原因のドライアイも緩和されますし、花粉に時期も楽になると思いますので、レーシック手術をご検討の方は是非ご相談ください。

関連コンテンツ

  • レーシックで老眼は治せるのか|40歳以降の視力回復手術ついて解説
  • レーシックの費用について|手術費用と一般相場について解説
  • レーシックはどこで手術を受けても同じなのか?|手術精度の違いについて解説
  • レーシック後のドライアイについて|気になる術後の症状について解説
  • レーシック手術に健康保険が使える?|気になる手術費用について解説
  • 強度近視でもレーシックは受けられるのか|手術の可否について解説
  • レーシック手術の痛みについて|麻酔の方法や痛みについて解説
  • レーシックのメリット・デメリット|手術の特徴について解説
  • レーシックとは|手術費用や手術の流れについて解説

関連コラム

レーシックと ICL どっちがいい︖【気になる疑問に眼科専門医が解説】
レーシックは受けないほうがいい︖【レーシックの評判と安全性について眼科専門医が解説】
【ICLの基礎知識】レンズの種類や性能、治療法を解説
ICL の素材って何︖寿命って何年︖【レンズの素材や寿命について眼科専門医が解説】
ICL のメリット・デメリット【気になる疑問に眼科専門医が解説】