白内障

日帰り白内障手術

白内障の根本的な治療は、現在のところ手術しか方法はありません。
最近では、手術技術の進歩によって、日帰りでの手術が可能となりました。手術も切開創が2mmと以前に比べて非常に小さくなったため、麻酔時や手術中はもちろん、手術後も強い痛みを感じることはありません。
手術後は、すぐに帰宅することができますので、生活環境や食生活にも変化がなく、普段からの生活リズムを崩すこともありません。手術をご検討されている方は、まず白内障の進行度合いや、手術が可能かどうかの検査・診察をする必要がありますので、お気軽にご相談ください。

白内障とは

白内障とは、透明であった水晶体が白く濁ってくる病気です。
水晶体は、眼の中でレンズの働きをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせる働きを持っています。白内障になると、透明であった水晶体が白く濁ってしまうため、集めた光が届かなくなり、次のような症状を引き起こします。

白内障の主な症状

・視界が全体的にかすむ
・視力が低下する
・光をまぶしく感じる
・モノが重なって見える
・暗い時と明るい時の見え方が違う
・メガネを作り変えても度が合わない
・老眼を感じていたが遠くより急に近くが
 見えるようになった


  • 通常の見え方
  • 白内障の見え方


白内障の原因と種類

水晶体は、主にタンパク質を水分でできています。タンパク質は、加齢や長年にわたる紫外線など、様々な影響を受けて、だんだんと白く濁ってきます。これが、白内障という病気で、水晶体全体が濁り、視力の低下を招くと日常生活にも支障をきたすようになります。

白内障の種類 主な原因
加齢性白内障 加齢
全身疾患に合併する白内障 アトピー性皮膚炎、糖尿病 など
先天性白内障 風疹 など
外傷性白内障 目のけが など
併発白内障 ぶどう膜炎 など
その他の白内障 放射線、薬剤(ステロイド剤)

白内障の費用

単焦点レンズ

単焦点レンズは、近方もしくは遠方のどちらかの距離にしか焦点が合わないレンズです。手術は保険が適応されますが、手術後に必ずメガネが必要となります。


保険適用時 三割負担の方:45,000円(片目)
保険適用時 一割負担の方の費用15,000円(片目)

多焦点レンズ(2焦点:マルチフォーカルレンズ)

多焦点レンズは、近方・遠方のどちらにも焦点が合うレンズです。保険適用外ですが遠近 両方の距離にピントが合いますので、手術後のメガネの使用頻度は少なくなります。


多焦点レンズ(2焦点・マルチフォーカルレンズ)両眼498,000円~(税別)

多焦点レンズ(3焦点:トリフォーカルレンズ)

トリフォーカルレンズは、最新の多焦点レンズで、近方・遠方に加えて中間距離にも焦点 が合う全く新しいタイプの多焦点レンズです。保険適用外ですが全ての距離にピントが合 いますので、メガネの使用頻度がより少なくなり、快適な生活を実現しています。

多焦点レンズ(3焦点・トリフォーカルレンズ)両眼698,000円~(税別)

白内障の治療法

白内障の治療は、その進行段階によって異なります。ただし、他の眼の病気を併発している可能性もありますので、症状が気になったら眼科を受診しましょう。

点眼薬による治療方法

仕事や生活に支障が出ていない初期の場合

視力の低下や眼のかすみなどが、日常生活に支障がない初期の段階では、ピレノキシン製剤やグルタチオン製剤による点眼治療が基本です。ただし、点眼薬による治療は、水晶体を透明に戻す治療ではなく、あくまでも白内障の進行を抑えることが目的です。


仕事や生活に支障が出てきた場合

白内障が進行して視力の低下などの症状が日常生活に支障をきたすようになった場合には、外科的手術による治療が必要です。現在では、「超音波乳化吸引術」が一般的で、濁った水晶体を超音波で粉砕しながら取り除き、その代わりに人工水晶体である眼内レンズを挿入します。白内障手術は、多くの患者さまが安心して受けることができる手術の1つで、手術を受けることでクリアな視界と、視力の回復が見込める治療法です。
ただし、保険適用となる単焦点レンズには、ピント調節機能がないため、手術後はメガネなどによる視力の矯正が必要となります。

白内障手術について

白内障手術は、「超音波乳化吸引術」と呼ばれる、濁った水晶体を超音波で砕きながら取り除き、眼内レンズを入れるという方法が一般的です。ただし、白内障が進行しすぎて核が固くなっている場合は、水晶体を丸ごと取り出す場合もあります。(水晶体嚢外摘出手術)
この場合は、手術の難易度が上がるだけではなく、切開創も広くなり、手術後の回復が遅くなる可能性があります。そのため、白内障と診断されたら、定期的に眼科を受診し、適切な時期に手術を受けることが大切です。

白内障手術の流れ

角膜を切開します。

内部の白濁した水晶体を取り出すために、角膜を切開します。

前嚢を切開します。

水晶体を包んでいる前嚢(袋の前側)を切開します。

水晶体の破砕・吸引

混濁している水晶体を超音波で細かく砕きながら吸引し、その後水晶体を包む後嚢(後の袋)を空にします。

レンズを挿入

空になった後嚢に眼内レンズを挿入します。
眼内レンズはループによって後嚢に固定されます。

角膜を元に戻す。

角膜を元に戻して手術は終了です。


白内障手術に使用する機器の紹介

インフィニティ® ビジョンシステム(超音波白内障手術装置)アルコン社製(アメリカ)

当院では、より安全で効率的な白内障手術を行うために、世界的にも高い評価を得ているアルコン社の最高峰機種「インフィニティ」を導入しています。このインフィニティは、鋭敏なセンサーと優れた応答性を持ったポンプが搭載され、術中の高い安全性を確保しています。また、従来の超音波白内障装置は、超音波の発振方向が縦方式でしたが、インフィニティは横発振方式を備えた世界で唯一の白内障手術装置です。超音波の発振方向を横方式にしたことで、従来の装置よりも水晶体の粉砕効率が向上し、手術時間の短縮によって患者様の負担を軽減するだけではなく、有害な熱の発生を抑えて角膜細胞へのダメージ抑制を実現しています。

センチュリオン アルコン社製(アメリカ)

CENTYRIONは、手術中に変化する灌流圧を自動的・継続的にモニタリングして、眼内圧の変動を抑制する業界初のシステムを搭載しています。手術中の眼内圧の変動を抑えることで、手術のリスクを低減し、手術の安全性・安定性・効率性の向上を実現しています。
手術中の眼内圧の変動は、手術の安定性と効率性を妨げ、手術中のリスク管理において非常に重要な課題でした。アルコン社インフィニティなど従来の白内障手術装置は、灌流液を注入するボトルを高い位置に吊るし、そのボトルの上下動させることによって重力を変えて手術中の眼内圧をコントロールしていました。 次世代型白内障手術装置CENTURIONに新たに搭載された「Active Fluidic™sテクノロジー」は、灌流バックを本体内部に設置し、手術装置本体が検知した流体の変化に応じて、加圧減圧をすることで、灌流圧を調整して手術中の安定した眼内空間を維持することができます。FMS(Fluid Management System)によるスムーズな流体系のコントロールと迅速な吸引圧の立ち上がりを実現。手術中の眼内圧の変動を抑制して、手術の安定性と効率性を格段に高めることを実現しました。

ヴェリオン

白内障手術を大きく進化させた「VERION」は、手術前の検査から、レンズの度数決定、乱視の軽減、前嚢切開位置、レンズの固定位置、乱視軸まで、白内障手術の全てをつかさどる手術ガイダンスシステムです。VERIONは、患者様の眼を高解像度のデジタル画像で撮影し、患者様の眼の特徴を認識します。このデータをもとに3つの重要な役割を担う「VERION」は、白内障を新たな領域へ導きます。

ルメラアイ(手術顕微鏡OPMI) カール・ツァイス社製(ドイツ)

白内障などの眼内手術は、顕微鏡を通して行う非常に繊細な手術です。特に顕微鏡は手術の重要な役割を果たしますので、その性能はとても重要な要素です。当院では、光学機器の開発において世界最高峰と称されるカール・ツァイス社(ドイツ)の最上位機種「OPMIルメラ」を導入しています。ルメラアイは、手術中の見え方が抜群に優れており、白内障手術をはじめとする眼内手術で使用する顕微鏡としては、これ以上は改善するところがない完成形と称賛されています。

レンズスターLS900(光学式眼軸長計測) ハーグストレイト社(スイス)

レンズスターは、白内障手術に使用する眼内レンズの正確な度数を計算するために必要不可欠な全てのパラメータをワンショットで計算することができます。レーザー光学式測定で角膜から網膜までの全ての眼内データを高い精度で測定し、眼内レンズを決定するための最適な情報をスピーディーに得ることができます。レンズスターは、眼内レンズ度数を決定する従来の計算式に加え、デンマークのトーマス・オールセン先生が提唱する最新の第4世代計算式(オールセン式)を搭載したことで、過去に屈折矯正手術を受けたことがある患者様に向けたレンズ決定にも対応でき、乱視用レンズや多焦点レンズの選定にも優れた効果を発揮します。

白内障手術に使用する眼内レンズについて

白内障手術に使用するレンズは、直径が6mm程で、後嚢に固定するためのループ(支持部分)がついています。レンズには、いくつかの種類があり、近方もしくは遠方のどちらかしか焦点が合わない単焦点レンズと、近くも遠くも焦点が合う多焦点レンズがあります。
最新のレンズでは、遠方、近方に加えて中間距離にも焦点が合うトリフォーカルレンズが開発され、メガネの使用頻度が激減し、手術後の快適性が向上しています。

単焦点レンズ(モノフォーカルレンズ)

この単焦点レンズは、白内障手術で使用される最も一般的なレンズで、手術には、保険が適用されますので、費用の負担を軽減することができます。
単焦点レンズは、その名の通り、一つの距離にしかピントを合わせることができません。
通常は、遠くに焦点を合わせるケースが多いのですが、焦点が合っていない距離を見る際は、手術後も必ずメガネが必要となります。

白内障(単焦点レンズ)の価格


多焦点レンズ(マルチフォーカルレンズ・トリフォーカルレンズ)

多焦点レンズは、プレミアムレンズとも呼ばれ、近くも遠くも焦点を合わせることができるレンズです。多焦点レンズは、遠近両方の距離にピントが合いますので、手術後のメガネの使用頻度は少なくなります。また、最も新しいレンズとして、遠・中・近の3つの距離に焦点が合うトリフォーカルレンズが開発され、より快適な生活を実現しています。
アンチエイジング志向が高まる近年では、趣味やスポーツなどを裸眼で楽しみたいという方が増えており、多焦点レンズへの注目も高まる傾向にあります。当院では、マルチフォーカルレンズ、トリフォーカルレンズのどちらも取り扱っていますので、白内障と同時に老眼の悩みも解消していただけます。

白内障(多焦点レンズ:2焦点)の価格

白内障(多焦点レンズ:3焦点)の価格

多焦点眼内レンズについてはこちら

最新のレーザー白内障手術

メスを使わない「レーザー白内障手術」

白内障手術は眼科の手術の中では最も多く行われている手術です。
従来の手術方法は、医師の手技によって行われていましたが、より正確で安全な白内障手術としてレーザー白内障手術が登場しました。海外では、積極的に取り入れられている治療法で、従来の手技と比較すると、その正確性と安全性は格段の差があります。すべてコンピューターに制御されたレーザーによる白内障手術は、最新の治療法であり、国内では限られた施設でしか受けることができません。当院では、日本に1台しかない最新のレーザーを導入しており、最新の白内障手術を選択していただくことができます。


レーザー白内障手術についてはこちら

白内障手術に使用する機器も進歩を遂げ、正確性・安全性・安定性・効率性が格段に向上しました。冨田実アイクリニック銀座では、最先端テクノロジーを駆使した新時代の白内障手術システムを導入し、検査・手術・手術手技に至るまで全く新しい白内障手術を提供しています。

VERION(多焦点レンズ・乱視用レンズ手術位置確認表示装置)

白内障手術を大きく進化させた「VERION」は、手術前の検査から、レンズの度数決定、乱視の軽減、前嚢切開位置、レンズの固定位置、乱視軸まで、白内障手術の全てをつかさどる手術ガイダンスシステムです。VERIONは、患者様の眼を高解像度のデジタル画像で撮影し、患者様の眼の特徴を認識します。このデータをもとに3つの重要な役割を担う「VERION」は、白内障を新たな領域へ導きます。

Z-CATARACT(多焦点レンズの性能を最大限引き出すレーザー白内障手術)

レーザー白内障手術は、従来のマニュアル手術ではできなかった正確でリスクを抑えた白内障手術を実現しました。当院で導入している「FEMTO LDV Z8」は、照射エネルギーを抑えた目に優しい手術を可能としたフェムトセカンドレーザーで、正確性、安全性に優れた手術を提供します。理想的な手術プランを正確に遂行するためには、コンピューターに制御されたレーザーによる手術が不可欠です。レーザー白内障手術の正確性は、特にシビアなポジショニングが要求される多焦点レンズの性能を最大限に引き出します。

CENTURION(2014年発売開始 アルコン社 最上位機種)

CENTYRIONは、手術中に変化する灌流圧を自動的・継続的にモニタリングして、眼内圧の変動を抑制する業界初のシステムを搭載しています。手術中の眼内圧の変動を抑えることで、手術のリスクを低減し、手術の安全性・安定性・効率性の向上を実現しています。

「Perfect Z-CATARACT System」の詳細はこちら