4つの距離に焦点が存在する次世代型3焦点レンズ

3 焦点レンズとして登場したパンオプティクス(ALCON 社製)は、世界的な眼科雑誌「American Journal of Ophthalmology」に掲載さ れたレンズ特性の報告から、世界的に高い注目を集めています。レンズ性能を解析した報告には、4 つの焦点が存在することが認められ、遠方、中間、近方の他に遠方と中間の間に存在する焦点が確認されています。距離にして約 80cm に存在する焦点を含めると 4 焦点レンズの性能を持っており、Quadrifocal Lens(4 焦点眼内レンズ)として高いビジュアルパフォーマンスが評価されています。日本でもすでに発売が開始されているパンオプティクスは、白内障と同時に老眼を治療できる多焦点眼内レンズにおいて、新たな可能性を切り開いたレンズの 1 つです。

世界的眼科雑誌「American Journal of Ophthalmology」2017年12月号に掲載された PANOPTIX の研究報告より

パンオプティクス=「Quadrifocal LENS(4焦点眼内レンズ)」 の研究報告

フランクフルト大学のトーマス・コーネン眼科主任教授らによ る研究によってf、パンオプティクスには4つの焦点があることが証明された。この研究報告は、世界的な眼科雑誌「American Journal of Ophthalmology」に掲載され、Quadrifocal LENS(4焦点眼内レンズ)として紹介されています。

世界的眼科雑誌「American Journal of Ophthalmology」2017年12月号に掲載された PANOPTIX の研究報告より

4つの焦点により老眼の矯正精度が向上

上の表にもあるように、パンオプティクスには中間 と遠方の間に、4つ目の焦点が確認されています。多焦点レンズによる白内障手術は、白内障と同時に老眼を治療できるメリットがあり、手術後もメガネへの依存度が低減する効果が期待できますが、遠方の焦点に加えて 40cm、60cm、80cm に存在する 3 つの焦点によって、パソコン作業や料理、テレビの視聴、運転、ゴルフなどのスポーツといった日常生活に適したレンズ設計になっています。

手術後の結果に94.8%という高い満足度を獲得

老眼の矯正精度が向上したことで、単焦点レンズや2焦点レンズに比べて、日常生活におけるメガネへの依存度が低減。58 名の患者を大砲に行われた海外の調査結果では、94.8% の方が手術後にメガネが不要となったと回答している報告がなされており、パンオプティクスに対して高い満足度を獲得しています。これも、実際に4つの焦点が確認されたレンズ性能が老眼の矯正精度を高めている証であると言えます。

照明条件の影響を受けにくいレンズ特性

パンオプティクスは、明るさの変化の影響を受けにくく、安定した見え方を提供しています。従来の多焦点レンズに比べて、照明条件の変化による瞳孔収縮の影響を受けにくいレンズ設計が採用されています。

光学的欠損を抑えて明るくクリアな視界を提供

パンオプティクスは、高い光利用率を実現しており、近方から遠方まですべての距離において鮮明な視覚を提供することができます。従来の多焦点レンズは、約15% の光学的欠損がありましたが、パンオプティクスは光学的欠損を12%まで改善。眼内レンズを通して目に入る光エネルギーを、より多く網膜に到達させることができるため、鮮明で質の高い見え方が期待できます。

PANOPTIX(ALCON) 12%
AT LISA(Carl Zeiss) 14.3%
FINEVISION(PhysIOL) 14%

後発白内障の発症リスクを抑制

パンオプティクスは、開発メーカーであるアルコン社独自のレンズ設計により、後発白内障の抑制、術後のレンズ固定位置の安定性といった優れたレンズ特性を持っています。また、紫外線や青色光を吸収する素材により、人間の水晶体に近い網膜保護効果を兼ね備えています。