飛蚊症

飛蚊症とは・・・?

飛蚊症は、視界の中を糸クズやゴミのようなものが浮遊しているように見える症状をいいます。眼の中を蚊が飛んでいるように見えることから「飛蚊症」と呼ばれています。
飛蚊症は、「生理的飛蚊症」と「病的飛蚊症」の2つに分類されますが、大半は加齢が原因で起こる生理的飛蚊症です。ただし、病気が原因で起こる飛蚊症の場合は、網膜剥離など重い目の病気の一症状として現れますので、眼科を受診することが必要です。

飛蚊症の症状

飛蚊症は、実際に目の前には何もないのですが、眼を動かすと、その浮遊物も動き回るため、とても不快で精神的なストレスの原因となる場合があります。特に明るい所や白い背景、青空を見上げた時に、症状をはっきり感じます。不快に感じる浮遊物は、眼の中に存在していますので、目の表面を洗っても症状は改善しません。

飛蚊症の原因

飛蚊症は、加齢に伴って硝子体が変化することで起こる「生理的飛蚊症」がほとんどで、眼の老化現象によって現れる症状のひとつです。ただし、目の病気のサインとして現れる「病的飛蚊症」は、網膜剥離などの重い病気と関係していることがあります。自分の飛蚊症が、生理的なものなのか、病的なものなのか、眼科を受診して原因を知っておくことが大切です。
以下のような症状が現れた場合は、早めに眼科を受診しましょう。

・黒い点の量や範囲が急に増えた
・暗い場所で突然稲妻のような光が見える
・急激に視力が低下した
・視野の一部が欠けている

生理的飛蚊症

●後部硝子体剥離による飛蚊症

後部硝子体剥離と聞くと眼の病気のように感じられますが、これ自体は加齢に伴って起こる生理的な現象です。眼の大部分を占める硝子体は、ゲル状の透明な組織で、99%の水分とわずかな線維組織で構成されています。若い頃は、ゲル状だった硝子体ですが、加齢とともにサラサラとした液状に変化(液化硝子体)してきます。これを硝子体変性と言いますが、硝子体変性が起こると、硝子体の体積が減り、水分と繊維組織が分離して中に空洞が出来てきます。この際に、硝子体に含まれている線維組織が眼の中をフワフワと浮遊する影が網膜に映ることで、あたかも虫が飛んでいるように見える飛蚊症の症状が現れます。

※後部硝子体剥離が生じる際に、硝子体膜と網膜の癒着が強い部分があると、その部分が裂けて網膜裂孔や網膜円孔が起こる場合があります。網膜裂孔や網膜円孔は、網膜剥離につながる可能性がありますので、注意が必要です。


●生まれつきの飛蚊症

母体内で胎児の眼球がつくられる過程では、硝子体に血管が通っていますが、眼球が完成していくにつれて血管は無くなっていきます。しかし、生まれた後も血管の名残りが硝子体内に残ってしまうことがあり、これが網膜に映ることで飛蚊症の症状を感じることがあります。このタイプの飛蚊症は、生理的飛蚊症ですので、症状が進行しない限り、あまり気にする必要はありません。

病的飛蚊症

●強度近視による飛蚊症

強度近視の人は、眼のいい人と比べて、様々な眼の病気が起こる可能性があります。
近視の人は、眼の奥行きが長くなるため、網膜に弱い部分が生じやすくなります。硝子体と網膜の癒着が強い部分があると、後部硝子体剥離が起こる際に網膜が引っ張られて、網膜に穴(円孔)や裂け目(裂孔)ができることがあります。
網膜円孔や裂孔は、放置すると網膜剥離につながる可能性があるため、見つかった場合は早めに治療することが大切です。強度近視の方の飛蚊症は、病気の前兆である可能性があるため、早めに眼科を受診して、網膜の検査を受けることが重要です。


●網膜剥離による飛蚊症

飛蚊症には病気が原因で起こる「病的飛蚊症」があります。この飛蚊症は、網膜剥離などの重い眼の病気と関係しており、視野欠損や失明に至るケースがあります。飛蚊症自体が病気のサインですので、急激な症状の変化があった場合は、早急に眼科を受診して、原因である病気の治療を行うことが大切です。


●硝子体出血による飛蚊症

糖尿病や高血圧の方は、硝子体内で出血を起こす場合があります。出血がひどいと、目の前にインクが流れてきたような見え方や、霧がかって見えることがありますが、出血が少量の場合、流れ出た血液が網膜に映ることで、飛蚊症を感じることがあります。単なる飛蚊症だと思っていても、その影が濃くなるようであれば、出血が続いていますので、早めに治療を受けることが必要です。また、目に強い衝撃を受けた時にも、硝子体出血が起こる場合がありますので、すぐに症状が現れなくても眼科を受診して検査を受けることをお勧めします。


●ぶどう膜炎による飛蚊症

ぶどう膜炎など、目に炎症が起こると硝子体に濁りが生じることがあります。この濁りが、網膜に映ることで飛蚊症を感じることがあります。ぶどう膜炎の場合は、眩しく感じる、眼の痛み、充血、視力低下を伴います。

飛蚊症のレーザー治療

この治療は、飛蚊症の原因となる硝子体内のシワや濁りをレーザーによって破砕・分散させることで、飛蚊症の症状を軽減させる効果があります。飛蚊症の程度にもよりますが、1回の治療で100%完治できる治療ではありません。飛蚊症の原因となる別のシワや濁りが同じ場所に現れてくる可能性もありますので、その際は再度治療が必要となります。


治療の流れ

この治療は、レーザーで行いますので、メスや器具で眼に直接触れることなく治療が行えますので、手術による飛蚊症治療と比べて安全性が高い治療です。治療時間は、30分程度で、治療後は少し安静にしていただいてから、眼圧の測定を行います。特に問題がなければ、そのままお帰りいただけます。

治療のイメージ

●飛蚊症の原因となるシワや濁りにレーザーを照射し、焼灼・粉砕することで、症状を軽減させます。
●飛蚊症の原因となるシワや濁りの位置や大きさにもよりますが、治療は数回に分けて行います。
●飛蚊症の原因となるシワや濁りの位置が網膜に近い場合などは、治療が適応とならない場合があります。
●治療後の検診は、翌日、1週間後、1ヶ月後になります。

※症状によっては、通院回数が異なる場合があります。医師の指示に従って受診してください。