グラッシュビスタⓇ

睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)

まつ毛が、短くなってきた、細くなってきた、薄くなってきたといった症状を感じられている方は、睫毛貧毛症(しょうもうひんもうしょう)かもしれません。まつ毛は、外部から眼に異物が入ることを防ぐ働きを持っています。まつ毛が、不足して不十分になると、その働きが低下します。また、美容的観点から治療を希望されるケースもあります。

眼科でおこなう「安心のマツ育(睫毛貧毛症の治療)」

まつ毛の悩みは、医療機関で治療できるようになりました。
マスカラ、つけまつ毛、まつ毛エクステンションといった外部的なコスメを利用されている方が多くなってきています。しかし、これらの手段はまつ毛にダメージを与え、結果的には「まつ毛が抜けやすくなってしまう」といった真逆の効果を受けることがあります。
当院では、FDA(アメリカ食品医薬品局)および日本の厚生労働省から承認された治療薬「グラッシュビスタ®」を使用することで、まつ毛が不十分な状態である「睫毛貧毛症」の治療を行っています。
グラッシュビスタ®は、使用される方のまつ毛自体を強く育てますので、まつ毛へのダメージもなく、外部的なコスメとは仕上がりのナチュラルさが格段に違います。さらに、眼科専門医が診察をしたうえで処方しますので、その安心感の高さは言うまでもありません。最近では、「まつ毛美容液」と呼ばれるものも市販されていますが、中には効果が薄いものや偽造品、粗悪品なども出回っており、失敗された事例も少なくありません。
その点、眼科で行う「マツ育」はその安心感が格段に違います。万一、使用中に問題が生じても、眼科専門医が適切に対応してくれるという絶対的な安心感があります。

国内初、唯一の承認医薬品「グラッシュビスタⓇ」


最近では、インターネット上でも「まつ毛美容液」が販売されていますが、濃度が薄いものや、偽造品、効果が薄いものなども取り扱われています。想定外の失敗や、使用による問題を避けるためにも、過度な宣伝文句に惑わされず、信頼できる医療機関で処方を受けた医薬品を使用されることをお勧めします。
当院で使用する「グラッシュビスタⓇ」は、2009年に睫毛貧毛症の治療薬としてFDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受け、2013年10月時点では、世界23ヵ国で承認されている医療用医薬品です。日本では、2014年3月に厚生労働省から製造販売が承認され、同年10月の時点で、睫毛貧毛症治療薬として製造販売の承認を受けた国内唯一の医薬品です。
もちろん、信頼できる医療機関での処方となりますので、安心してお使いいただける治療薬です。使用された方の多くが、約1ヶ月で効果を実感し始め、2ヶ月程度で満足のいく効果を実感しています。(臨床試験においては、77%の症例でまつ毛の太さ・長さともに十分な効果が確認されています)なお、治療を中止するとまつ毛は、元の状態に戻ります。

「グラッシュビスタⓇ」のメリット・デメリット

ナチュラルな仕上がり

グラッシュビスタⓇのメリットは、何と言っても仕上がりのナチュラルさにあります。本来のまつ毛を強化しますので、一時的なコスメとの差は言うまでもないでしょう。


ダメージが少ない

マスカラやつけまつ毛などは、装着・脱着・接着剤などによって、まつ毛にダメージを与えますので、結果的にはまつ毛が抜けやすくなるなど、真逆の効果が現れる心配があります。その点、グラッシュビスタⓇは、まつ毛自体を育てますのでダメージを受ける心配がありません。


効果の即効性

マスカラやつけまつ毛などは、装着すれば直ぐに効果を得ることができますが、睫毛貧毛治療は即効性が欠けるため、継続的な使用が必要となります。約1ヶ月で効果を実感し始め、2ヶ月程度で満足いく効果を実感することができます。


効果が得られないケース

発毛可能な毛包が存在しない場合には、本来の効果が得られない場合があります。

「グラッシュビスタⓇ」の使用方法

グラッシュビスタⓇは、上まつ毛の長さ、太さ、濃さ、豊かさを改善する外用薬です。
寝る前に専用のブラシで上まつ毛の生え際に1滴塗るだけで、まつ毛の成長を促進します。
※必ず使用方法を守ってご使用ください。

使用する前に

グラッシュビスタⓇは、夜、お化粧を落としと洗顔を済ませて清潔な状態にしてから使用してください。また、コンタクトレンズを使用している方は、レンズを外してからご使用ください。レンズを再装着する時は、グラッシュビスタⓇを塗り終わってから15分以上時間をおいてから行ってください。
※下まぶたに塗ったり、直接点眼しないでください。



専用ブラシの準備

付属の専用ブラシを容器から取り出します。この時、ブラシの毛先には触らないように注意してください。ブラシを水平に持って、ブラシの毛先部分にグラッシュビスタⓇを1滴落として浸み込ませます。
※必ず専用のブラシをお使いください。
※1滴以上滴下しないでください。多く塗っても効果が上がることはありません。



上まつ毛の生え際へブラシで塗ります

滴下後すぐに、ブラシを使って上まつ毛の生え際部分に薬剤を塗ります。目頭から眼尻の方向に丁寧に塗ってください。下まつ毛には塗らないでください。塗るときには、薬剤が眼に入らないように、また下まぶたにつかないように注意してください。
※塗る回数を増やしても効果は変わらないので、1日1回を超えて使用しないでください。



生え際以外についた薬剤を拭き取る

薬剤が、上まつ毛の生え際以外についた場合は、コットンやティッシュなどの吸水性の素材で拭き取るか、洗い流してください。



ブラシを捨てる

専用のブラシは、その都度捨ててください。片方のまつ毛を塗り終えたら、もう片方は新しいブラシを使用してください。


「グラッシュビスタⓇ」使用上の注意

グラッシュビスタⓇは、上まつ毛の長さ、太さ、濃さ、豊かさを改善する外用薬です。
寝る前に専用のブラシで上まつ毛の生え際に1滴塗るだけで、まつ毛の成長を促進します。
※必ず使用方法を守ってご使用ください。

■グラッシュビスタⓇの適応について

<次のような方は、グラッシュビスタⓇによる治療は受けられません。>
・妊娠中の方
・授乳中の方
・過去にグラッシュビスタⓇに含まれる成分で過分な反応を経験されたことがある方
・15歳未満の方


<次のような方は、グラッシュビスタⓇによる治療を慎重に行う必要があります。>
・水晶体のない方
・眼内レンズを挿入されている方
・過去に目の手術をされた方
・高齢者


■グラッシュビスタⓇの保管方法
・直射日光を避けて室温(1~30℃)で保管してください。
・子供の手の届かないところに保管してください。
・絶対に他の人に渡してはいけません。
・余った場合の処分については、医療機関または薬局にご相談下さい。

※他の医療機関を受診される場合や、薬局などで他の薬品を購入される場合は、必ず
 「グラッシュビスタⓇ」を使用していることを医師または薬剤師に伝えてください。


治療による副作用について

■眼瞼色素沈着(がんけんしきそちんちゃく)
メラニンの増加によって、まぶたが黒ずむことがあります。症状は、治療を中止すると元に戻る可能性があります。

■局所多毛症(きょくしょたもうしょう)
眼の周りが多毛になることがあります。症状は、治療を中止すると元に戻る可能性があります。

■虹彩色素過剰(こうさいしきそかじょう)
黒目(虹彩)の色が濃くなることがあります。(日本人を対象とした臨床試験では報告されていない)

■眼瞼溝深化(がんけんこうしんか)
上まぶたがくぼんで見えることがあります。(日本人を対象とした臨床試験では報告されていない)

※上記のような自覚症状を感じたら、使用を中止して直ぐに受診してください。
※まぶたのかゆみ、目がしみる、目のかゆみ、目の痛みなどの症状が現れた時は、使用を中止して
 直ぐに受診してください。


費用と通院について

睫毛貧毛治療「グラッシュビスタⓇ」は、自費診療となります。

適応検査 3,000円(税別)
グラッシュビスタ®外用液剤 0.03%5mL(専用ブラシ140本付) 20,000円(税別)

通院:1週間後、1ヶ月後、以降3ヶ月に1回程度
※診察料として\3,000(税別)および必要な場合は別途お薬代