白内障とは?

白内障は、もともと透明だった水晶体が白く濁ってくる目の病気です。加齢が原因の白内障が最も多く、加齢性白内障とも呼ばれています。早い人では40代から発症し、70歳を超えると進行度合いには差があるものの全ての人に白内障が発症していると言われています。
水晶体は、カメラに例えるとレンズの役割を果たしている器官で、外から入ってきた光を網膜にピントを合せる働きをしています。白内障によって水晶体が濁ってくると、光が水晶体を通過しなくなってくるため、視界にも影響が出てきます。

白内障の主な症状

白内障によって水晶体が濁ってくると、視界にも様々な影響が出てきます。
加齢が原因の白内障は、水晶体の周囲から濁りが発生し、徐々に中心に向かって濁りが進行していきます。そのため、初期の頃は目だった自覚症状はありませんが、濁りが中心にまで及んでくると、目の霞や視力低下などの症状が現れます。
白内障の見え方
白内障の主な症状
・視界が霞んでくる   ・光を眩しく感じる
・視力が低下する    ・暗い所と明るい所の見え方が違う

白内障の主な原因

加齢性白内障は、長年にわたる紫外線曝露などの影響によって、水晶体を構成する蛋白質の性質が変化することが主な原因と言われています。私たちは、普段の生活から長年に渡って紫外線を浴びていますが、紫外線が水晶体を通過するときに活性酸素を生み出します。この活性酸素の蓄積が、水晶体の性質を変化させる原因となります。
また、白内障には加齢性白内障以外にも病気や怪我などが原因で発症する白内障や、薬の副作用で起こる白内障などもあり、その発症原因によっていくつかの種類があります。
加齢性白内障

加齢性白内障は、長期にわたって紫外線を浴びることによって、水晶体を構成する蛋白質の変 性が原因です。70 歳を超えるとほとんどの人に白内障が見られるようになり、目の老化現象 のひとつとも言われています。

外傷性白内障

外傷性白内障は、目に強い衝撃を受けたり、眼内手術などで水晶体が損傷することによって起こります。格闘技や球技などで目に衝撃を受けたり、金属片などが刺さることなどが原因としてあげられます。損傷した部分によって、すぐに症状が現れない場合もあり、何年も経ってからに症状が現れることもあります。

併発性白内障

併発性白内障は、他の目の病気に伴って発症する白内障です。代表的な病気としては、ぶどう膜炎、緑内障、網膜剥離、網膜色素変性症、眼内炎などがあります。

先天性白内障

先天性白内障は、生まれつき水晶体が濁っている白内障です。主な原因は、母親が妊娠中に風疹に罹患した場合や遺伝的な要因が原因だと言われています。生まれた時から水晶体が濁っている場合と、成長に伴って発症する場合があります。先天性白内障は、視力の形成にも影響しますので、早期発見・早期治療が重要です。

アトピー性白内障

アトピー性白内障は、水晶体を構成する蛋白質の免疫異常、痒みに対して擦る・叩くことによ る水晶体への刺激が原因であると言われています。アトピー性皮膚炎を発症した約 30%の人が白内障を併発しており、アトピーの症状が顔に出ている場合や、アトピーの治療が長期に及 んでいる方ほど、白内障を併発するリスクが高くなる傾向にあります。

糖尿病性白内障

糖尿病性白内障は、糖尿病による高血糖の状態が長く続くことが原因の「真性糖尿病白内障」と一般的な加齢性白内障と併発して起こる「仮性糖尿病白内障」に区分けされます。糖尿病になると血中のブドウ糖だけではなく、水晶体内のぶどう糖濃度も髙くなり、水晶体内でソルビドールという体に不要な物質が作られます。このソルビドールが水晶体を濁らせる原因であると考えられています。糖尿病性白内障は若い人でも発症し、進行が早いことが特徴です。

薬物性白内障

薬物性白内障は、ステロイド薬剤を長期に使用することでの副作用で発症する白内障です。緑内障の治療に用いられる「ピロカルピン」という点眼薬も、白内障を発症させる可能性があると言われています。早期に薬剤の使用を中止すれば、水晶体の濁りが改善する場合もあります。

白内障の治療法

白内障の初期段階では、お薬で進行を遅らせることができますが、濁ってしまった水晶体を透明に戻す薬はないため、白内障を根本的に治療する方法は手術しかありません。手術は、濁った水晶体を超音波で吸い出して、人工のレンズと入れ替える「超音波乳化吸引術」が一般的です。また、眼内レンズも素材の進歩によって、目の中に折り曲げて挿入できるようになったことで、非常に小さい切開創からの挿入が可能になりました。そのため、傷口の治癒も早く、現在では日帰りでの手術が主流となっています。ただし、白内障が進行し過ぎると緑内障を併発したり、手術のリスクが高くなって、通常の手術手技では対応できなくなる場合がありますので、適した時期に手術を受けることが大切です。
白内障手術の流れ

白内障手術は、水晶体を包んでいる水晶体嚢という袋の前側を丸くくり抜き、濁った水晶体を超音波で細かく砕きながら吸引して取り除きます。その後、残った嚢(袋)の中に人工の眼内レンズを挿入します。

  1. 1点眼麻酔をして、角膜を 3mm 程度切開します。
  2. 器具を使って水晶体嚢の前側を丸く切り抜きます。
    (この工程を前嚢切開といいます)
  3. 器具を使って水晶体を 4つ〜6つに分割します。
    (この工程を水晶体分割といいます)
  4. 超音波で水晶体を細かく砕きながら吸引します。
  5. 切開創から眼内レンズを挿入します。
  6. 眼内レンズを適切な位置に固定して、手術は終了です。
  7. 手術後は30分くらい安静にしていただきます。
    その後の診察で問題が無ければ、ご帰宅いただけます。

白内障手術を受ける時期

世界的に見ると失明原因の第1位は「白内障」です
加齢性白内障は水晶体の周囲から濁ってくるため、初期の段階では特に自覚症状はありません。しかし、濁りが中心部まで及んでくると視力にも影響してくるようになります。自覚症状がない初期段階では、お薬で進行を遅らせることができますが、濁った水晶体を透明に戻すことはできないため、適切な時期に手術を検討することが大切です。日本での白内障による失明率は、約3%と非常に低くなっていますが、世界な失明原因の第一位は「白内障」です。医療の普及が遅れている発展途上国では、「治療が受けられない」「病院がない」「医療レベルが低い」といった生活環境に格差があり、白内障を放置せざるをえない結果が失明につながっています。
世界の失明原因
安全に手術を受けるために適切な時期に手術を受けましょう
まだ白内障の自覚症状がない場合

加齢性の白内障は、早い人で40代から発症すると言われています。年を取ると様々な老化現象が起こり、白内障 以外にも様々な目の病気が見つかることがあります。白内障の初期段階では、進行を遅らせる点眼治療が可能ですが、これも早期発見が条件になります。定期的な眼科検診を受けておくことで、適切な手術時期を把握することもできます。

白内障の自覚症状がある場合

白内障が進行すると、目のかすみ、光を眩しく感じる、視力低下などの自覚症状が現れます。生活環境やお仕事など個々によって違いがあるように、生活で不便を感じる基準にも違いがあると思いますが、白内障の症状によって生活に支障を感じるようになったら、手術を検討する時期だと言えます。眼科を受診して、目の状態を確認しながら手術を受ける適切な時期を相談しましょう。

白内障を放置するとどうなる?
白内障は、手術をすれば治療できる病気ですが、放置すると下記のような他の病気を併発したり、手術のリスクが大幅に高くなります。また、一般的な手術手技では手術ができなくなったり、入院による手術が必要となることもありますので注意しなければなりません。目の手術に対して抵抗がある人もいるかと思いますが、白内障も放置すると失明の原因にもなりますので、安 全に手術を受けるためにも適切な時期に手術を受けることが重要です。
●水晶体融解

白内障を放置して水晶体が真っ白になるまで進行すると、水晶体が溶けだして水晶体融解性ぶどう膜炎という強い炎症を引き起こし、目の充血や強い痛みが生じます。炎症を悪化させないためにも早急に手術を行う必要があります。また、手術中に溶けた水晶体が流れ出ることがあり、手術の難易度が高くなりますので、合併症や後遺症などの発生頻度も高くなります。


●緑内障 (急性緑内障)

白内障が進行すると水晶体は徐々に膨張します。水晶体の膨張によって虹彩との隙間が塞がってしまうと目の中を循環している房水が排出されなくなり、緑内障を引き起こします。水晶体と虹彩の間が完全に塞がってしまう瞳孔ブロックという状態になると一気に眼圧が上昇する急性緑内障を引き起こします。急性緑内障は早急に処置をしないと失明に至る非常に危険な目の病気です。


●水晶体が固くなる

白内障を放置すると水晶体が固くなります。ある程度の固さまでは対応できますが、あまり固くなりすぎると手術の難易度や合併症のリスクが高くなります。場合によっては、通常の手術手技では対応できなくなることもあり、水晶体を全摘出しなければならないケースもあります。

白内障手術に使用する眼内レンズ

白内障手術で使用する眼内レンズは、直径6mm程で後嚢に固定するためのループ(支持部分)がついています。レンズには、いくつかの種類があり、ひとつの距離に焦点を合わせる単焦点レンズ、遠近両用の2焦点レンズ、先進医療に対応した2焦点レンズ、遠方・中間・近方の全ての距離に焦点が合う3焦点レンズ、乱視の矯正ができるトーリックレンズなどがあります。単焦点レンズは、近くもしくは遠くのどちらかにしかピントが合わないため、手術後は必ずメガネが必要となります。多焦点レンズは、複数の距離にピントが合いますので、白内障と同時に老眼が治療できる効果があり、メガネの使用頻度は少なくなります。近年では、趣味やスポーツなどを裸眼で楽しみたいという方が増えており、多焦点レンズへの注目が高まる傾向があります。
●単焦点レンズ

単焦点レンズは、健康保険が適用となりますが、近方もしくは遠方の1つの距離にしか焦点が合わないため、白内障手術をしても手術後は必ずメガネが必要となります。


●2焦点レンズ(遠方・近方)

2焦点レンズは、健康保険が適用されませんが、近方と遠方に焦点が合いますので、白内障と同時に老眼も治療できるメリットがあり、乱視がある方には乱視矯正にも対応できるレンズもあります。


●先進医療に対応した2焦点レンズ(遠方・近方)

2焦点レンズには、先進医療に対応したレンズがあります。手術前後の検査費用や処方薬代に健康保険が適用されますので経済的負担が軽減できます。また、民間の医療保険で先進医療特約に加入している場合は、手術 費用の給付を受けることができますので、先進医療特約を利用される場合は 事前に確認することをお勧めします。


●3焦点レンズ(遠方・中間・近方)

3焦点レンズは、近方・中間・遠方の全ての距離に焦点が合いますので、近方から遠方までスムーズな視界が期待できます。 白内障と同時に老眼も治療することができますので、手術後のメガネの使用頻度が非常に少なく、QOL(生活の質)の向上が期待できます。


●乱視用レンズ(乱視の矯正が可能)

白内障手術で使用する眼内レンズには、乱視矯正に対応したレンズがあります。単焦点レンズ、多焦点レンズともに乱視用のレンズがありますので、乱視の強い方は診察の際にご相談下さい。