眼内コンタクトレンズ(フェイキック)は近視矯正の選択肢のひとつです

有水晶体眼内レンズ挿入手術(眼内コンタクトレンズ)

有水晶体眼内レンズ挿入手術というのは、眼内コンタクトレンズ(フェイキック)とも呼ばれる治療方法になります。これはどのような手術であるのかというと、角膜と、水晶体の間に、人工のレンズを挿入する手術になります。特徴としては、自分の水晶体を残したまま、人工のレンズを入れるため、水晶体に残されたピントの調節能力をそのまま、残しておくことができるようになります。レンズに関する治療方法としては、白内障の手術がありますが、白内障手術の場合には、自分の水晶体を取り除いて、そこに人工のレンズを挿入することになります。
自分の水晶体がなくなることで、レンズのピント調節機能というのはなくなります。そのため遠方の人工レンズを利用した場合には、近くを見るときにはめがねが必要になり、近くを見るための人工レンズを挿入した場合には、遠くを見るためのめがねが必要になります。有水晶体眼内レンズ挿入手術の場合では、自分の水晶体が残っているため、近くを見る、遠くを見る際、人工のレンズだけに頼らず、水晶体の調節機能も利用できるため、近くのものでも遠くのものでもめがねを利用せずに見ることができる可能性が大きくなります。

レーシックでは対応できない強度近視を改善することができます!

視力を上げていく手術としてレーシック手術が有名ですが、レーシック手術は強度近視の改善が難しい傾向があります。 有水晶体眼内レンズを挿入する手術の場合角膜を削らないため、強度近視にも対応ができ、レーシックでも対応ができない近視も改善できる可能性があります。

また術後の視力の安定性もレーシック手術よりも良いとされており、角膜を削らないため、近視の戻りがなく、長期にわたって良好な視力を維持できます。合併症による影響も少ないということで大きな注目を受けています。
(合併症が全くないというわけではなく、目に対する手術であるため、合併症が出てくる可能性はあります。多くの場合、短期間で消えていくことになりますが、万が一のことを考えて手術前に説明を聞いておく、相談をしておくことは必要です)

人工のレンズが目に合わない、調子がおかしいという場合には、レンズを取り除いていくこともできます。可逆性(一度手術をしても、元に戻していくことができる)の手術であることが、レーシックとの違いで、最大のメリットです。

強度近視の方がレーシックを行うと、角膜の歪みが大きくなり、不正乱視が増加し、ぼんやりとした見え方になってしまいますが、眼内コンタクトレンズ(フェイキック)の場合は角膜を削ることがないので、角膜の歪みもなく、クリアな視界を実現できます。

当クリニックでは、強度・最強度近視の方やレーシック適用外の方などへ眼内コンタクトレンズ(フェイキック)をすすめております。視力矯正を希望されていて「手術で削るのに抵抗がある方」などにも適した視力改善治療です。レーシック手術と同様にしっかりとしたご説明をさせていただきます。ぜひご相談ください。

治療で使用するレンズの種類

有水晶体眼内レンズで使用されるレンズには大きく分けて2種類あります。1つは前房型ともう1つは後房型になります。レンズをどの位置に挿入していくのかで、名前が変わっていきます。 前房型は角膜と、虹彩の間に入れていき、後房型は、虹彩と水晶体の間にレンズを入れていきます。患者様の目の状態によってどちらがが適しているか院長がご提案します。
  • 角膜と虹彩の間にレンズを挿入します。米FDA認可済・全世界で30万人以上の方が施術を受けております。光彩の前面にレンズを装着するため外側からレンズが見え、後房型と比べて審美性は劣ります。

  • 水晶体と虹彩の間にレンズを挿入します。米FDA・日本の厚労省ともに承認済です。光彩の中にレンズを埋め込むため、外から見えず審美性は良好です。遠視・近視・乱視・老眼と幅広く対応しているので、ほとんどの視力矯正が可能です。

遠近両用眼内コンタクトレンズ(フェイキック)

日本初!
眼内コンタクトレンズ(フェイキック)で治す老眼治療

これまでは眼内コンタクトレンズ(有水晶体眼内レンズ挿入)による老眼治療は出来ませんでしたが、今回、日本で初めて当院が導入する後房型レンズ(老眼用眼内コンタクトレンズ)を使用する、眼内コンタクトレンズ(フェイキック)治療により老眼治療が可能になりました。
角膜と水晶体の間に自分の水晶体を残したまま人工のレンズを挿入する手術となり、水晶体のピントの調節能力を使うことができるため、安全で見え方の質も高い治療法です。老眼鏡の遠近両用レンズと同じように、遠近両用に対応した眼内レンズをあなただけのオーダーメイドで作成し挿入します。わずか数ミリの眼内レンズが老眼鏡と同等以上の働き日常の快適さをもたらします。万が一不調などが起こった場合には取出・交換も可能といった、可逆性のある安心な視力矯正手術です。

眼内コンタクトレンズ(フェイキック)の手術の流れ

前房型レンズ挿入の手術の流れ

後房型レンズ挿入の手術の流れ