院長紹介

主な実績

2年連続の快挙!
米国眼科学会でベストアワードを受賞

世界的に権威のあるアメリカ白内障屈折矯正学会(ASCRS)において2011年、2012年と2年連続でベストアワードを受賞し、日本の眼科医として快挙とも言える偉業を成し遂げました。
アメリカ白内障屈折矯正学会・国際屈折矯正学会(ISRS)が選んだ眼科医のリーダーとして選んだ3人のうちの1人でもあります。
また、ヨーロッパ白内障屈折矯正学会(ESCRS)でも最優秀賞を受賞するなど、世界的に活躍する眼科医として知られています。

アメリカ眼科学会の日本人リーダーに選任

冨田院長は、アメリカ眼科学会において、日本人医師3名のリーダーの1人に選ばれています。アメリカをはじめ、ヨーロッパやアジアの眼科学会で数々の講演を行い、常に最先端の医療に携わってきた冨田院長。2014年10月に開かれたアメリカ眼科学会では、招待講演の依頼を受け、「老眼治療カメラ」「レーザー白内障手術」「クロスリンキングによる円錐角膜治療」「遠近両用レーシックでの老眼治療」と最先端医療に関する4本の講演を行いました。冨田院長は、このアメリカ眼科学会において、日本人で初めて「プレジデンシャル・アワード(会長賞)」を受賞するなど、現在も国内外の学会で活躍を続けています。

自らの執刀経験10万症例以上
世界がその執刀技術を認める“冨田実”

自らの累積症例実勢が10万症例以上の経験を持ち、患者様が、「安心して手術を受けられるために」「最高の結果を導き出すために」という拘りを持ち続けてきた冨田実は、ついにジーマー社、シュインド社から屈折矯正、白内障手術において世界有数の執刀医として表彰されました。

アメリカ眼科学会・世界屈折矯正学会から日本のリーダーとして認められている冨田院長は今後も世界の眼科のリーダーの一人として患者様目線でより良い手術の提供だけでなく、医療機器開発提携など、あらゆる眼科治療へ力を入れて行く意気込みです。

国際雑誌での執筆論文

国際雑誌での執筆・論文
2013年 Journal of Catract & Refractive Surgery TODAY; 2013 Oct;Volume 8, No9
Presbyopia Correction Using a Combination Technique – Corneal inlay implantation simultaneous with or after LASIK can provide long-term improvements in visual acuity
2013年 Clinical Ophthalmology; 2013;7:1683-6
Small-aperture corneal inlay in presbyopic patients with prior phakic intraocular lens implantation surgery: 3-month results
2013年 Clinical Ophthalmology; 2013;7:1937-40
Small-aperture corneal inlay in patients with prior radial keratotomy surgeries. 
2013年 Journal of Catract & Refractive Surgery; 2013 Nov;39(11):1768-73
Corneal heat scar caused by photodynamic therapy performed through an implanted corneal inlay
2013年 Journal of Catract & Refractive Surgery; 2013; 39(8):1260-1266
Corgan syndrome presenting after uneventful laser in situ keratomileusis
2013年 Clinical Ophthalmology; 2013;7:1365-71
Comparison of DLK Incidence after Laser in Situ Keratomileusis Associated with 2 Femtosecond Lasers: Femto LDV and IntraLase FS60
2013年 Journal of Catract & Refractive Surgery; 2013;39(6):898-905
Small-aperture corneal inlay implantation to treat presbyopia after laser in situ keratomileusis
2013年 Journal of Catract & Refractive Surgery; 2013; 39:752–758
Supplementary effect of static cyclotorsion compensation with dynamic cyclotorsion
2012年 Clinical Ophthalmology; 2012:6 1567-1572
Analysis of corneal endothelial cell density and morphology after laser in situ keratomileusis using two types of femtosecond lasers
2012年 Journal of Catract & Refractive Surgery, 2012; March: 495-506
Simultaneous corneal inlay implantation and laser in situ keratomileusis for presbyopia in patients with hyperopia, myopia, or emmetropia: Six-month results
2012年 Journal of Refractive Surgery, 2012 Jan;28:32-6.
Management and outcomes of suction loss during LASIK flap creation with a femtosecond laser.
2012年 Journal of Refractive Surgery, 2012 Jan;28:25-30.
Evaluation of LASIK treatment with the Femto LDV in patients with corneal opacity.
2011年 Clinical Ophthalmology, 2011;5:231-7. Epub 2011 Feb 16.
Conductive keratoplasty for the treatment of presbyopia: comparative study between post- and non-LASIK eyes.
2010年 European Journal of Ophthalmology (Epub ahead of print)
Corneal endothelial cell density after myopic intra-LASIK and the effect of AC gas bubbles on the corneal endothelium
2010年 EyeWorld Asia Pacific Meeting Reporter(Reporting Live from the 25th APAO congress)
One great laser
2010年 OSN Supersite
Combination of femtsecond, excimer laser produces optimal results in LASIK
2010年 Cataract & Refractive Surgery Today
Highlights of Ziemer\’s Refractive Symposium
2010年 Clinical Ophthalmology, 2010 Jul 30;4:785-91
Treatment of keratoectasia after LASIK by intrastromal corneal ring segments in two patients who had no preoperative risk factors (Case report)
2009年 Cataract & Refractive Surgery Today Europe, 2009; June: 55-56
Implementing New Technologies at Refractive Clinics
2006年 Molecular Vision, 2006; 12: 1606-1614.1
Sorbitol causes preferential selection of Muller glial precursors from late retinal progenitor cells in vitro
2006年 Stem Cells. 2006; 24: 2071-2077
Treatment and transfer of emphysema by a new bone marrow transplantation method from normal mice to Tsk mice and vice versa
2006年 Stem Cells 2006; 24: 2270-2278
A comparison of neural differentiation and retinal transplantation with bone marrow-derived cells and retinal progenitor cells
2005年 Stem Cells 2005; 23: 347-354
Macrophage colony-stimulating factor (M-CSF), as well as granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF), accelerates neovascularization
2005年 Journal of Clinical Investigation, 2005; 115: 2363-2372
Inflammation-induced lymphangiogenesis in the cornea arises from CD11b-positive macrophages
2005年 Stem Cells. 2005; 23: 1579-1588
Biodegradable polymer composite grafts promote the survival and differentiation of retinal progenitor cells
2004年 Stem Cells. 2004; 22: 21-26
Choroidal neovascularization is provided by bone marrow cells
2004年 British Journal of Ophthalmology, 2004; 88: 302-303
Long term follow up in a case of successfully treated idiopathic retinal vasculitis, aneurysms, and neuroretinitis (IRVAN)
2002年 Stem Cells. 2002; 20:279-283
Bone marrow-derived stem cells can differentiate into retinal cells in injured rat retina
2002年 Immunobiology. 2002; 206: 354-367
Immature dendritic cells (CD11c+ CD3- B220- cells) present in mouse peripheral blood
2002年 Stem Cells. 2002; 20: 61-72
Marked increase in number of dendritic cells in autoimmune-prone (NZW x BXSB) F1 mice with age

国内での執筆

主な執筆著書
2011年 40代からのレーシックで視力回復
小柳ルミ子さんの手術体験談とカメラレーシックの特徴が分かりやすく説明されています。
2009年 IOL&RS(日本眼内レンズ屈折手術学会誌)
エキシマレーザー装置のメインデフレクタープロテクターの試作
2009年 PTM 最新の疾患別治療マニュアル
最新眼科屈折矯正医療の現状 The Latest Trends in Refractive Surgery
2009年 臨床眼科
片眼にIntra-Lasik,他眼に有水晶体眼内レンズ挿入術を行った1例
2009年 THE LASIK
2009年 Rinsho Ganka (Jpn J Clin Ophthalmol). 2009; 63: 1803-1807
A case treated by Intra-LASIK in one eye and phakic intraocular lens in the other
2007年 IOL&RS(日本眼内レンズ屈折手術学会誌). 2007; 21: 374-379
Comparison Study of Intra-Laser In Situ Keratomileusis Using Intralase FS30® and Intralase FS2®
2007年 IOL&RS(日本眼内レンズ屈折手術学会誌)
Intralase FS30とIntralase FS2を用いてフラップを作成したIntra-Laser In Situ Keratomileusis の3か月経過の比較

雑誌での取材

日本の雑誌での取材
2010年 Lala Pado 2010/5
2010年 週間ポスト 2010/4/23
2010年 Lala Pado 2010/4
2010年 婦人公論 2010/4/22
最新老眼レーシックについて
2010年 週刊ポスト
2010年 週刊ポスト 2010/4/9
アメリカのドクターとの対談:老眼治療・レーシックについて
2010年 SciCan(海外のwebsite)
150名の眼科専門医を有する日本最大級の眼科クリニックの紹介
2010年 Hanako 2010/1
最新レーシックについて
2009年 Design Research Vol.4 2009/8/10
Z-LASIKについて
2008年 AneCan 2008March
最新レーシックについて

テレビ・新聞での取材

主な取材
2014年 Tarzan 角膜を削らない視力矯正手術「フェイキックICL後房型レンズ」について
2014年 毎日新聞「目の愛護デー」
2014年 日刊ゲンダイ「おしえてドクター」 最新の白内障手術「レーザー白内障手術と多焦点レンズ」について
2014年 TBS「NEWS23」 IPS細胞による加齢性黄斑変性症の手術について取材を受けました
2015年 TBS「NEWS23」 IPS細胞による世界初の視神経再生の成功に対して、冨田院長がNews23の取材を受けました