角膜異物/角膜鉄片異物

角膜異物とは、黒目にゴミがついたり、ゴミが黒目に刺さっている状態のことです。

角膜異物/角膜鉄片異物の原因

角膜異物としては、飛んできたゴミ、植物片、昆虫、砂、小石、ハードコンタクトレンズなど様々なものがあります。代表定なものでは、鉄工所などで鉄を削る作業中に飛び散った小さな鉄片が黒目に刺さる「角膜鉄片異物」があります。どんな異物でも早急に除去し、感染症を防ぐ治療を行うことが重要です。

角膜異物の症状

角膜は、痛覚が非常に発達している器官で、異物が付着すると、瞬時に痛みや異物感などの症状が現れます。放置すると他の眼病を引き起こすこともありますので、早めに眼科を受診して異物を取り除き、感染症を予防する治療を受けることが大切です。

角膜鉄片異物の症状

鉄片や鉄粉が黒目に刺さったまま(入ったまま)放置しておくと、鉄の周りに錆が発生します。この錆を除去せずにいると、錆が角膜に沈着し、炎症を起こします。症状としては、痛みが続き、充血、黒目の濁り、視力の低下などの症状を引き起こすことがあり、傷口に感染症が起こると、最悪の場合は失明に至るケースもあります。

<角膜鉄錆症>
角膜鉄錆症とは、角膜に鉄の粉や破片が入り、錆が発生した状態のことをいいます。角膜に激しい異物感や痛みを伴い、炎症、角膜混濁、視力低下を引き起こします。
鉄は、非常に身近な金属ですが、生物に対しては非常に毒性が強い物質です。とても敏感な角膜に付着したままにすると重い障害を引き起こす恐れがあります。
角膜鉄錆症は、鉄が角膜に付着してから、わずか1日で発症します。鉄が付着した部分は、炎症が起こり、鉄片の周囲にはリング状に褐色の錆が発生します。錆が発生してしまうと、鉄片を取り除く処置だけではなく、錆を削り取る治療が必要で、錆を削り取った後には傷痕が残ることがあります。

<眼球鉄錆症>
角膜鉄片異物を放置して、錆が眼球内部にまで及ぶと、眼球鉄錆症という更に重い障害に発展する恐れがあります。網膜剥離や緑内障、白内障などを併発すると、視力低下や視野障害を引き起こし、最悪は失明に至ることもあります。

角膜異物/角膜鉄片異物の治療

一般的な治療法としては、点眼薬の麻酔をしてから、針やセッシで異物を除去し、感染予防の処置も行います。角膜に刺さっている異物は、顕微鏡下で丁寧に除去する必要があります。
鉄片が刺さって、錆が発生している場合は、錆をドリルなどで削り取ります。除去後は感染を予防するために、抗菌作用のある点眼薬と傷を早く治すための点眼薬(ヒアルロン酸など)を処方します。痛みが強い場合は眼軟膏を塗って眼帯をつけることもあります。
治療後は、2~3日後に必ず経過観察のために受診していただきます。

※鉄や銅などの毒性の高い金属を扱う仕事をされている方は、作業中にゴーグルや保護用眼鏡を使用して、眼に金属の破片が入らないように注意してください。また、眼に金属の破片が入った時は、すぐに眼科を受診してください。