その原因Xにあり:2017年3月24日(金)19時放送

フジテレビ系列で 3 月 24 日(金)の 19 時から放送された「その原因Xにあり」に当院 の老眼治療が紹介されました。実際の手術シーンや手術を受けられた患者様へのインタ ビューを交えながら、冨田院長が老眼治療について解説しています。非常に多くの反響を いただきましたので、実際に放送された番組に沿って、さらに詳しい解説を捕捉しながら、 ご紹介いたしますので、参考にしてください!
諦めない病院選び
人生を変える専門外来スペシャル
  1. 諦めない病院選び 「人生を変える専門外来スペシャル」

  2. 50 歳以上の 80% が悩んでいる老眼ですが・・・

  3. 何と治療が不可能とされていた老眼が手術で改善できるのです。

  4. 銀座の歌舞伎座隣りにある「冨田実アイクリニック銀座」

  5. これまでに眼科手術10万件以上の執刀経験がある冨田院長
    その冨田院長はアメリカの学会でもその功績が認められ、
    数々の賞を受賞している名医なのです。

  6. ポイントは、 見る物にピントを合わせる水晶体の動きにあります。

  7. 近くを見る時は、 ピントを合わせるために水晶体が厚くなる。
    遠くを見る時は、 ピントを合わせるために水晶体が薄くなる。

  8. 年齢とともに水晶体が固くなって動きが悪くなる。
    すると、 狭い範囲でしかピントが合わなくなります。

  9. 新聞を見てもこんなふうにぼやけて見えてしまいます。
    新聞を遠ざけることでピントが合うようになるのです。

  10. 冨田先生 : まず近くの視力が低下して、
          そのあと遠くの視力が低下していきます。
    冨田先生 : 元々、 遠くも近くも良く見えていた方ほど
          老眼の症状が顕著に現れる傾向があります。

  11. 冨田先生 : 遠近両用レーシックを受けていただくと、
          遠くも近くも見えるようになります

  12. 遠近両用レーシックは
    角膜の表面にレーザーを照射して削り、
    角膜の表面に凹凸をつけることで、
    遠くも近くも見えるようにする治療法です!

  13. 遠近両用レーシックというのは、 中心で近くを見るのですが、
    近くを見るところを、 ちょっと盛り上げて
    角膜の形を変えてしまうことによって、
    角膜を遠近両用レンズのようにしてしまうのです。

  14. 角膜を削ることで、 遠くを見るレンズと近くを見るレンズがついた
    遠近両用メガネを目の中に作るということです。

  15. それを可能にするのが医療器具 「アマリス1050RS」
    アマリス1050RSは、 世界で最も早いレーザーで
    1秒間に1050発レーザーを発射します。
    この高速レーザーによって、 高度な技術を要する手術が
    可能になったと言います。

  16. 老眼に悩む60代の福島さんも、遠近両用レーシック手術を受けるためにやってきました。
    福嶋さん : 「全体がボヤーっとしているので、それが多分、老眼が進んでいると思うのですが、そうすると頭までぼんやりしてるような気分になってくるんです。それが日々続いていましたので・・・」
    福嶋さんに新聞を呼んでもらうと・・・・
    「なんかここに虫がいるような気分です。字は読めないです」

  17. まずは、目薬で部分麻酔をします。
    冨田先生 : 見えますか~?
    福嶋さん : 見えます
    そして、いよいよ角膜にレーザーをあてます。
    角膜にレーザーをあてたのは・・・・・
    1,2,3,4,5,6

  18. <インタビュー>
    聞き手 : 「手術中の痛みは?」
    福嶋さん : 「痛くないです」
    聞き手 : 「新聞を用意しました」
    福嶋さん : 「まだ、涙が・・・・・」
    聞き手 : 「もし見えたらでいいので・・・・・」
    「え~っ!読める!信じられない!」
    「皇室に関する重要事項を定めた法律・・・・・」
    「え~っ!若返ったみたい!目だけ!(笑)」