多焦点レンズによる白内障手術

目というのは通常、焦点を合わせていく機能が整っていることになります。しかし、目の病気(白内など)によってその機能が害されてしまう、低下してしまうこともあります。こうなると、めがねなどの処置が必要になります。
多焦点レンズというのは、近く、遠くの両方に焦点を合わせていくことができるとされるレンズであり、通常ある、焦点を合わせていく目の機能を、レンズによって補っていくということになります。焦点を合わせていけるため、日常生活でも便利であり、目が見えないことの不自由さを感じにくいことになります。

多焦点レンズの仕組み

多焦点レンズは、近方・遠方の複数の距離にピントが合うレンズで、手術後のメガネの使用頻度が大幅に減少させることができます。最近では、近方・遠方に加えて、中間距離にも焦点が合うトリフォーカルレンズが新たに開発され、より快適な視界を提供できるようになりました。
現在、多焦点レンズには屈折型と回析型のタイプがあります。屈折型レンズは、レンズが同心円状に近方ゾーンと遠方ゾーン交互に繰り返される構造になっています。それぞれに入ってきた光がその部位にピントを合わすことで、近方と遠方に焦点を合わせます。回折型レンズは、眼に入ってきた光をレンズについた溝による回折現象を利用して、近方に焦点が合う光と遠方に焦点が合う光に振り分けることで、近方と遠方に焦点を合わせます。
回析型レンズの方が、瞳の大きさにあまり影響されませんので、一般的に瞳の小さい高齢者にも安心して使用できるレンズです。また、コントラスト感度を下げないため、明るい所はもちろんのこと、暗い所でも見え方の質を落とさないメリットがあり、現在は回析型のレンズが主流となっています。
当院でも、見え方の質が高い回折型のレンズを導入しており、患者様の眼の状態に適したレンズをご提案させていただきます。

単焦点レンズとの違い

見え方に大きな差が出ます

単焦点レンズと、多焦点レンズの最も大きな違いというのは、焦点を合わせることができるかできないかにあります。単焦点レンズは、近くであれば近くだけ、遠くであれば遠くだけしか焦点を合わせていくことはできず、機能面では劣る傾向があります。一方多焦点レンズは、多くの距離に焦点を合わせていくことができ、レンズが対応しているどんな距離でもピントがあってはっきりと像を結びます。価格面単焦点レンズのほうが安い傾向があり、多焦点レンズよりも、患者さまの生活にフィットするレンズが近くだけで良いという場合には、単焦点レンズも十分活用することができるとされています。一度来院して、ご相談ください。

マルチフォーカルレンズのご紹介

従来の単焦点レンズでは、近方もしくは遠方のどちらか一つの距離にしか焦点を合わすことができませんでした。そのため、白内障の手術後も必ずメガネが必要でした。
また、手術後に乱視が発生するなどのデメリットもあり、白くぼやけた視界が明るくはなるが、メガネの手入れなど日常生活の不便さは消すことができず、スポーツや趣味などを思う存分楽しむことも困難でした。
しかし、マルチフォーカルレンズ(多焦点レンズ)の登場で、白内障手術後の生活も大きく変化しました。マルチフォーカルレンズは、近方と遠方の2つの距離に焦点を合わせることができ、手術後のメガネの使用頻度を大幅に減らすことができるようになりました。
メガネに頼ることが少なくなったため、スポーツや趣味なども裸眼で楽しむことができ、外見上も若々しく過ごすことができます。
レンズの種類も数多く開発され、乱視に対応したレンズもご用意することができるようになり、より快適な生活を得ることができます。既に欧米では、20%以上の方がマルチフォーカルレンズを選択しており、白内障手術はマルチフォーカルレンズの時代と言えます。

遠中近両用のトリフォーカルレンズ

単焦点レンズからマルチフォーカルレンズへと白内障手術が大きく進化を遂げる中で、最新の多焦点レンズには近方・中間距離・遠方と3つの距離に焦点が合う、トリフォーカルレンズが登場しています。近年、仕事やプライベートでもパソコンの普及率は大幅に拡大しています。最新の白内障レンズも、現代の需要にマッチするように、中間距離にも対応したトリフォーカルレンズが開発されています。
遠近だけではなく、中間距離にも対応したトリフォーカルレンズの登場で、白内障手術後の見え方も大きく変化しています。あらゆる距離に対応したトリフォーカルレンズは、よりメガネの使用頻度を減らし、日常生活に大きな利便性をもたらしてくれます。スポーツや趣味など、年を重ねても楽しみたい、いつまでも若々しくいたいというアンチエイジングへの注目が高まる中で、トリフォーカルレンズが大きな役割を果たしています。

費用について

多焦点レンズは保険適用外となるため、技術面、設備面が充実しているところで手術を行うのがよいでしょう。また、術後に乱視矯正などの追加手術が必要な場合は、別途費用がかかります。詳しくはお問い合わせください。