Z8-LASIK VS ReLEx Smile

近視や乱視を矯正する視力回復手術の代表格としては、レーシックが有名ですが、最近ではフェムトセカンドレーザーしか使用しないリレックス・スマイルといった視力回復手術が登場しています。
レーシック手術は、視力回復手術としてはとても安全性の高い手術です。他の外科的手術と比較しても、その安全性は格段に優れており、結果においても非常に優れた手術であると言えます。日本国内でレーシック手術が行われるようになってから約20年が経過しますが、その間に手術に使用するレーザー機器も大きく進歩し、レーシック手術をより安全に行うために、新しい手技も登場しています。

ここでは、代表的な視力回復手術について、実際にどの手術方法が優れているのかを総合的に比較します。

レーシックによる視力回復手術

世界最高峰のレーシック手術と言える
矯正精度と安全性

レーシックは、フェムトセカンドレーザーで角膜表面にフラップと言われる薄いフタを作成します。次にフラップをめくって、角膜実質層にエキシマレーザーを照射して角膜のカーブを変えることで屈折を矯正します。
日本でレーシック手術が普及してから約20年が経過しますが、レーシックに使用するレーザー機器は、大きく進歩を遂げています。当然、使用するレーザー機器によっても手術の結果は変わってきますが、最新のレーザー機器によるレーシック手術は、とても精密で精度の高い手術が可能で、近視や遠視といった視力矯正だけではなく、老眼も治療できる遠近両用レーシックも登場しています。特に手術の正確性と安全性の向上を目的に進化を遂げてきた「8次元アマリスZ8レーシック」は、世界最高峰のレーシック手術と言える矯正精度と安全性を誇っています。

レーシック手術の流れ
  • 点眼麻酔

    局所麻酔薬を点眼します。
    ※点眼直後は、少し沁みる感じを受ける方もいらっしゃいます。

  • フラップ作成

    手術では、フェムトセカンドレーザーでフラップと呼ばれるフタを作ります。当院では、シリーズ最新作となるFEMTO LDV Z8を使用して正確で目に優しい手術を行います。

  • 屈折矯正

    次の段階では、フラップをめくってエキシマレーザーを照射して屈折異常を矯正します。当院で使用する8Dアマリス1050RSをは、どんな目の動きにも対応出来る8次元アイトラッカーを搭載しています。また、世界最速の照射スピードで、手術はほんの数秒で終了します。

  • 手術終了

    最後に消毒して手術は終了です。

ReLEx Smileによる視力回復手術

世界最高峰のレーシック手術と言える
矯正精度と安全性

2011年に開始されたリレックス・スマイルという視力回復手術は、エキシマレーザーを使用せずにフェムトセカンドレーザーだけで行うことが最大の特徴です。リレックス・スマイルは、フラップを作成せずに角膜の内側をレンズ上にカットして、角膜片(レンチクル)を作成して、それを角膜の切開創から引き抜きます。視力回復の原理はレーシックと同様で、角膜のカーブを変化させることで視力を回復させます。

リレックス・スマイル手術の流れ
  • 点眼麻酔

    局所麻酔薬を点眼します。
    ※点眼直後は、少し沁みる感じを受ける方もいらっしゃいます。

  • レンチクル(角膜片)の作成

    フェムトセカンドレーザーでレンチクル(角膜片)を作成します。
    手術中の眼の動きを追尾するアイトラッキング機能はありません。

  • 屈折矯正

    角膜の切開創から作成した、レンチクル(角膜片)を引き抜きます。

  • 手術終了

    最後に消毒して手術は終了です。

レーシックとリレックス どっちが優れた視力回復法か?

レーシックとリレックスには、大きく分けて2つの違いがあります。その違いとは、リレックスが、フラップを作成しないこととエキシマレーザーを使用しない点です。この違いが、手術の結果に大きな違いをもたらします。

矯正精度の違い

フェムトセカンドレーザーは、一般的に±10㎛の誤差が生じると言われていますので、最大で20㎛の誤差が生じることになります。一方でエキシマレーザーの誤差は±1㎛の精度があり、最大で2㎛の誤差しかなく、正確性において10倍にも及ぶ大きな格差があります。
リレックスは、上下にフェムトセカンドレーザーを照射してレンチクルという角膜片を作成するため、その誤差範囲は2倍になる可能性があるのです。1ディオプターの屈折を矯正するには角膜を約10㎛削りますので、その誤差がどれだけ大きいかはお分かりいただけると思います。

エキシマレーザーとフェムトセカンドレーザーは、
正確性において10倍の格差があります。

ReLExにはアイトラッキング機能が搭載されていません

エキシマレーザーには、手術中の眼の動きを追いかけてレーザーを照射する、アイトラッキング機能が搭載されていますが、リレックスにはアイトラッカーが搭載されていません。
このアイトラッカーの安全性能は、正確な手術を行う上で必要不可欠な機能であり、レーザーの照射ずれを補正する上で重要な役割を果たしているのです。世界初の立体的な追尾を可能とした8次元アイトラッカーを搭載している「8Dアマリス1050RS」は、手術の正確性において世界最高峰の性能を持っています。

リレックス・スマイルの合併症1

エキシマレーザーは、レーザーが停止しても、アイトラッキング機能によって停止したところからレーザー照射を再開することができます。しかし、アイトラッキング機能を持たないリレックスは、レンチクル(角膜片)が確実に切れていない場合、角膜片が残ってしまうことがあります。取り除くはずの角膜実質片が残るということは、手術後の屈折異常を招く恐れがあるということです。

リレックス・スマイルの合併症2

リレックスで使用するフェムトセカンドレーザー「VisuMAX」は、他のフェムトセカンドレーザーよりも眼球を固定する吸引が弱いことがあげられます。手術中に眼を固定する吸引圧が弱いと、眼球から機械が外れてしまうサクションブレイクが起こりやすくなります。
リレックスのサクションブレイクの症例については海外の学会で多く報告されており、屈折異常が残る原因の一つとして取り上げられています。

リレックス・スマイルで屈折異常が残った場合

リレックス・スマイルでレンチクル(角膜片)の残存、手術中のサクションブレイクが原因で屈折異常が生じた場合は、追加矯正が必要となります。リレックス・スマイル後に生じた屈折異常を矯正する場合、再手術はレーシックで行います。2種類の視力回復手術を行うことは、眼に負担がかかるだけではなく、角膜の切除量や、追加矯正の適応範囲など、様々な課題が山積みです。これであれば、最初からレーシックで手術をしている方が安全であり、手術のリスクを軽減することができます。

あらゆる面で優れているレーシック
リレックスは新しい屈折矯正手術として注目されているように見えますが、その矯正精度やレーザーの性能においては、まだまだ課題が多いのが事実です。
新しい手術がすべていいものであるとは限りません。現時点では、矯正精度・安全性・正確性・手術のリスクなど全てにおいて、リレックスよりもレーシックの方が格段に優れていることは明確です。

冨田実アイクリニック銀座がリレックスを導入しなかった理由がお分かり頂けたと思います。

レーシック手術の徹底比較

レーシックとリレックス・スマイルを比較すると、圧倒的にレーシックが優れていましたが、レーシック手術にもいくつかの種類があります。ブランド化されたレーシックや、システム化されたレーザー機器を使用したレーシックなどが日本で行われていますが、どのレーシックが最も優れているのかを比較します。

アイレーシック(アイデザインレーシック)

アイレーシックやアイデザインレーシックに代表されるブランド化されたレーシックがありますが、これはメーカーがブランド化して打ち出したレーシックの一つです。
このレーシックは、フィムトセカンドレーザーにイントラレースifs、エキシマレーザーにビジックスS4IR、検査機器にウェーブスキャン(アイデザイン)という特定のレーザー機器と検査機器を使用したレーシックです。検査に使用されるウェーブスキャン(アイデザイン)は、非常に高い解析力を持っていると言われていますが、そのデータで手術を行うエキシマレーザーは約20年前に発売されたレーザーです。レーザーの照射方法も一昔前の照射方式で、照射の精度とスピードは、最新機種には遠く及ばないレベルである。そのため、検査機器の精度が上がったことだけがクローズアップされているが、3つの機器をシステム化したことで得られる精度には限界があります。
※実際に、アイレーシックと同じレーザーを使用したコンベンショナルレーシック(ウェーブスキャンを使用しない)を比較した研究発表では結果に有意差が無いという報告も海外の専門英文誌で取り上げられています。
これは、いくら高い解析精度を持つ検査機器を使用しても、旧式のエキシマレーザーでは十分な結果を出せないことを意味しています。

RSレーシック

RSレーシックは、フェムトセカンドレーザー「FX200」とエキシマレーザー「EX500」をシステマチックに組み合わせ、フラップ作成から屈折矯正までの工程を患者様が移動せずに行える特徴があります。しかし、移動が不要という点においては、8次元アマリスZ8レーシックにおいても既に克服されています。
レーザー機器自体の性能とは関係ない部分ばかりがクローズアップされていますが、手術の結果に直結するレーザーの性能という部分においては、最新のレーザーには及ばないレベルであると言えます。

冨田実が選んだ「8次元アマリスZ8レーシック」

最高傑作と呼ぶに相応しい性能を兼ね備えた8次元アマリスZ8レーシック

冨田実アイクリニック銀座に導入した「8次元アマリスZ8レーシック」は、レーザーの性能において格段に優れた特徴を持っています。フラップを作成する「FEMTOLDVZ8」と屈折を矯正する「8Dアマリス1050RS」は、ともに手術の安全性、正確性、効率性、リスクの軽減だけを目的に進化を遂げてきました。
どちらのレーザーも2014年に発売されたシリーズ最高傑作と呼ぶに相応しい性能を兼ね備えています。

シリーズ最新作「FEMTO LDV Z8」(Ziemer社製:スイス)

正確性・安全性・安定性に優れた FEMTO LDV Z8

2014年に発売されたシリーズ最新作となる「FEMTO LDV Z8」は、今までのフェムトセカンドレーザーと比較して飛躍的な進化を遂げました。
レーシックだけではなく、レーザー白内障手術、角膜リング手術、老眼手術など様々な手術に対応できる、新世代のマルチフェムトセカンドレーザーとして生まれ変わり、その全てに「目に優しい手術」というコンセプトが活かされています。もちろん、どの手術においても、正確性・安全性・安定性に優れていることが最大の特徴です。
従来機と比較すると、照射スポットの精密性、フラップエッジの改良、エネルギー設定など、手術の安全性向上が実現されていますが、特に注目されるのが「OCT機能」の搭載です。単純に正確な厚さのフラップを作成するだけであれば、前作でも十分に対応することが出来ましたが、患者個々の目の状態に適したフラップを安全に作成するためには、課題がありました。その課題を克服したのが「OCT機能」です。

手術の正確性を追求した「OCT機能」を搭載

フラップを作成する際、角膜を断面で確認することが出来るOCT機能は、患者個々の目の状態に合わせて、理想的なポジションにフラップを作成することが出来るのです。このOCT機能の搭載によって、本当の意味でカスタマイズされたフラップ作成が可能となりました。

シリーズ最高傑作「8D AMARIS 1050RS」(SCHWIND社製:ドイツ)

シリーズ最高傑作
「8D AMARIS 1050RS」

世界で初めて立体的な目の動きに対応したアイトラッカーを搭載したエキシマレーザーとして登場したのがシュウィンド社から発売された「アマリス」です。
その最上位機種として2014年に登場した「8D AMARIS 1050RS」には、世界初となる「8次元アイトラッカー」、最新の老眼治療プログラム「プレスビーマックス・ハイブリッド」、角膜強度を向上させる「クロスリンキングシステム」が新たに搭載され、レーシック手術に必要な性能をすべて兼ね備えています。様々な最新機能の搭載によって、より正確、より安全、より精度の高い最新世代のエキシマレーザーとして世界的にも高く評価されています。

世界最高の8次元アイトラッキング機能

正確なレーザー照射に欠かせない機能がアイトラッキングシステムです。
従来のエキシマレーザーには、平面的な動きにしか対応していない2次元アイトラッカーしか登載されていませんでしたが、「8D AMARIS 1050RS」には、世界初となる8次元アイトラッカーが搭載されています。非常に細かな眼の動きにも対応できるようになった「8D AMARIS 1050RS」は、レーザー照射の精度が向上し、正確で安全なレーシック手術を実現しています。

プレスビーマックス・ハイブリッド
最新の遠近両用レーシックプログラム
「プレスビーマックス・ハイブリッド」

プレスビーマックス・ハイブリッドは、角膜にマルチフォーカリティーを持たせることで、近方・中間・遠方に焦点を合わせることができる遠近両用のレーシック手術です。
シリーズ前作にも「プレスビーマックス」という遠近両用レーシックプログラムが搭載されていましたが、最新の遠近両用レーシックプログラム「プレスビーマックス・ハイブリッド」は、より精密なレーザー照射ができるようになり、手術後の満足度が高いことが特徴です。また、角膜を元の形状に戻すことが出来るリバーシブルモードが追加されたことで、可逆的な要素が加わり、手術のリスクが大幅に軽減されています。
クロスリンキングシステム搭載
レーシックの安全性を向上させる
クロスリンキングシステムを搭載

「8D AMARIS 1050RS」にはレーシックの安全性に特化したクロスリンキングシステムが搭載されています。レーシックとクロスリンキング(角膜強化法)を併用する角膜強化型レーシックは、冨田院長が考案した術式で、合併症を軽減し、近視の戻りの抑制する効果が認められており、世界的な眼科学会における研究報告でも高い評価を受けています。
今では、レーシック手術を安全に行うために世界各国で行われており、スタンダードな術式として取り組まれています。シリーズ最新作となる「8D AMARIS 1050RS」には、最新のクロスリンキングシステムが搭載されており、角膜強化型レーシックにも対応しています。

最優秀執刀医「ベストサージャン」を受賞

冨田院長は、世界的に優れたレーザーの開発メーカーであるジーマー社とシュウィンド社から、最優秀執刀医「ベストサージャン」を受賞しました。知識・技術・実績のすべてが高く評価され、世界的にも名誉ある賞を獲得しています。

まとめ

レーザーを開発するメーカーは複数あり、新たにリリースされたレーザーもありますが、「FEMTO LDV Z8」と「8D AMARIS 1050RS」を選択した理由が明確に理解していただけたと思います。もちろん、他のレーザー機器も、一部分を見れば改善・改良された部分もありますが、全てにおいて評価すると、「FEMTO LDV Z8」と「8D AMARIS 1050RS」を選択することが、最良の結果を追求するためにはベストな選択でした。
また、レーシック手術の安全性についてもお分かり頂けたと思いますが、優れた性能を持つレーザーで手術を受けること以外にも、執刀医の実績や、十分に相談できる診療体制、正確な手術を行うための検査設備、清潔な環境整備などが、安心して治療を受けられる重要なポイントとなります。