TVでも紹介された“魔法のフィルム”「カメラインレー」

2014年07月31日

最新老眼治療「カメラ」が、TVで紹介されました。
今まで難しいと言われていた老眼の治療を可能とした「カメラ」の登場は、老眼に悩む方々にとって、まさに朗報と言える画期的な治療法です。
この老眼治療に使用するカメラインレーは、直径3.8ミリ、厚さ5ミクロン、真ん中に1.6ミリの穴が開いた、黒いリング状のフィルムで、ピンホール効果によって近くのモノにピントが合うようになります。近視・遠視・乱視がある方でも、レーシックカメラという治療方法なら同時に治療することができます。
コンタクトレンズより小さいにも関わらず、老眼・近視・乱視・遠視を同時に治療できるカメラインレーは、魔法のフィルムとして、TVで紹介されました。