EVOプラスレンズ

より質の高い見え方を追求したレンズデザイン
最新のICLレンズが新登場!
ICLレンズが、 新たなレンズデザインに改良されて新登場!
進化を続けるICLレンズによる視力矯正

新たなレンズデザインに改良された EVO+ICLレンズは、従来の ICLレンズの性能を大きく向上させ、 より進化した視力矯正を可能としました。レンズ全体のサイズは変更せずに、視力に影響するレンズ の光学部径だけが拡大されています。これによって、視力矯正手術の様々な課題が克服されています。

  • ■夜間視力の向上

    レンズの光学径が大きく改良されたことで、瞳孔径の大き差に左右されにくくなり、夜間の見え方の改善効果が期待できます。
    特に瞳孔径の大きな若年世代に効果的です。

  • ■ハロー・グレアの発生率を低減

    レンズの光学径を大きく改良したことで、レンズ効果の無いゾーンを透過する光を低減させることを実現。これによって、手術後のハロー・グレアの発生を低減させます。

  • ■ハロー・グレアの発生率を低減

    レンズの光学径を大きく改良したことで、レンズ効果の無いゾーンを透過する光を低減させることを実現。これによって、手術後のハロー・グレアの発生を低減させます。

フェイキック手術は全て冨田院長が執刀を担当します
冨田院長は、新しいEVO+ICLレンズにおいても
指導医ライセンスを取得しています。

フェイキック手術に使用するレンズには、レンズを固定する位置によって「前房型レンズ」と「後房型レンズ」 の2つに分類されます。すべてのフェイキック手術を執刀する冨田院長は、従来の前房型レンズ・後房型 レンズに加え、新しく登場したEVO+ICLレンズにおいても指導医ライセンスを取得しています。